自賠責保険に追加してバイク保険に加入する理由

車と同様にバイクにも保険は存在しています。必ず入らなければいけない自賠責保険は、バイクの種類が原付きであろうが大型バイクであろうが、ナンバープレートのついているバイクの場合には、必ず入らなければいけないバイク保険になります。車と比べて非常にリーズナブルになっておりますので、経済的な負担は少ないでしょう。

しかし、自賠責保険には支払われる金額に上限が設定されています。適用になるのは人身事故だけで、物損事故の場合には支払いはされません。また、人身事故の場合でも支払われる金額は青天井ではなく、傷害で120万円、死亡した場合には3,000万円、重い後遺症が残ってしまった場合には4,000万円が上限として設定されています。この上限はあくまで最高額であり、この金額から事故の内容に応じて減額されていく事になります。

正直、自賠責保険だけではフルにカバーする事はできません。人身事故の場合にはもちろんですが、物損事故の場合には、1円もおりませんので、自分で修理費用を準備する必要があります。

車と違ってバイクは自立しませんので、事故が起きたら必ずと言ってよいほど転倒して傷付きます。その為、ほんの小さな事故であっても修理費は必要になりますので、自賠責保険に追加してバイク保険に加入する必要があるのです。キレイモキャンペーン